OEMメーカーに依頼をしよう~請負会社にお任せドットコム~

ウーマン

大手メーカーも利用

男女

OEMであろうが品質とイメージがよければ問題ナシ。

知っている人は知っていることですが、知らない人は知らないであろうこと。 大手化粧品メーカーの商品として販売されているものは、必ずしもその大手メーカーの工場で作られているわけではないという事実。 私も最初に知ったときは驚きました。 一度仕事で、OEMをしている企業の営業さんとお話をすることがありました。 某大手化粧品メーカーの、とある商品を作っている企業でした。 製造している会社は異なっても、大手メーカーが望んでいる成分や品質を正確に再現し、大手メーカーの戦略に基づいたコンセプトに沿ったパッケージデザインと宣伝が成されています。 それはつまり、大手メーカーが、自社商品として自信を持って販売できる品質の商品をOEMの企業が作った、ということです。

化粧品の裏書きをよく読めば書いてある製造販売元

OEM商品には、薬事法で定められた内容を記載する必要があります。 記載する項目の中に、製造販売元の名称と所在地があります。 大手化粧品メーカーの商品でもその記載は見つけられますが、見つけやすいのは無印良品やイオントップバリュなどプライベートブランドの化粧品です。 無印良品やイオン自身で化粧品製造工場は持っていないでしょうから、プライベートブランドのおそらくすべての化粧品がOEMだと思います。 いろいろな商品の裏書きを見ていくと、プライベートブランドで販売しているお手頃価格の商品と同じようなものが、大手メーカーからも同じOEMで製造されていて、やや高めの値段で販売されているのを発見することがあります。 やや高くなるのは、広告料だったり、成分の配合に若干の違いがあり、原価の高い成分が大手メーカーの商品の方に少しだけ多く入っていたりするためだそうです。 私は化粧品には『イメージ』をまず大切にしてほしいと思っているので、広告やパッケージが美しく、やや価格の高い商品に心惹かれがちですが、成分をよく考えて、同じようなものだったら安いのでいいわとプライベートブランド商品を選んだり、使い分けをしています。